転写プリント加工事例

転写プリント加工事例

転写プリントはインクジェット同様、無製版でフルカラー印刷が行える加工です。インクジェットで表現するか転写を選択するかはグラフィックの内容やプリントする素材に依存します。具体的なご入稿をいただければアドバイスさせていただきます。転写の中でも低温で接着可能なトナー転写はドライシャツやナイロンジャケットにも使用できるすぐれものですので是非チェックしてください。フルカラーではありませんが名入れ等で活躍するカッティングシートもなくてなならない手法の一つです。

  • 転写プリントには数種類のバリエーションがあります。昇華プリントも昇華転写と呼ばれることがありますがますが弊社では昇華プリントとして説明しています。詳細は「昇華プリント加工事例」を参照ください。
  • トナー転写はレーザー出力で作成する転写です。コピー転写と呼ばれる手法がありますがコピー機を使用するという点は同じです。混同による混乱を避けるためトナー転写と呼んでいます。コピー転写はシルクを併用する転写ですが、トナー転写では版は使用しません。カッティング転写が不得意な細かな文字の羅列にも対応が可能です。シートが薄いのでカッティング転写より張り付けた感は希薄です。カッティング転写に比べると発色の良さは劣ります。生地の種類や転写プレスの圧力の違いでデザイン周辺にバリが少し残ることがあります。トナー転写の特徴としてナイロンやポリエステルの撥水生地にも良好な接着性を有している点があります。カッティング転写で接着しない場合でもカッティング転写では可能になるケースがあります。低温で接着が可能ですのでドライt
  • カッティング転写は専用のメディアにインクジェットで印刷を行いデザイン周辺をカッティングプロッターでカットし、不要な部分を除去、熱圧着を行います。ホワイトタイプ、撥水地タイプ、メタリックタイプ、反射タイプのバリエーションがあります。粉かなデザインのカッティングプロッターによるカット、不要部分の除去には限界があります。カット可能か道かについては具体的なデザインをご用意の上担当営業までお問合せください。
  • カッティングシートは店舗のディスプレイ等に使用されるいわゆるカッティングシートのTシャツ用メディアです。ディスプレイ用のカッティングシートは裏側が粘着になっていますが、Tシャツ用はホットメルトが施されています。ロゴやマークをカッティングプロッターやレーザーカッターでコンピューターカットを行い。不要な部分を除去して熱圧着を行います。文字の羅列といった細かなデザインには対応ができません。